高血圧症
今月の診療時間の変更
診療内容
内科
小児科
糖尿病内科
小児糖尿病
血管の病気
高血圧
高脂血症
痛風
予防接種
健康診断
乳幼児健診
内科
LINK一覧
携帯サイトはこちらから
患者の気持ち
混雑状況予測表
血管を傷めて硬くしてしまう高血圧症 動脈硬化が促進される前の治療を!

高血圧

高血圧はそのままの通り、血圧が高いことを言います。では、血圧が高いということはどういうことでしょうか?
血圧というのは、心臓から押し出される血液が血管の中を通る時に血管の壁を内側から叩く力(圧迫する力)のことです。この叩く力が強いと、それだけで血管が傷ついていき硬くなってしまいます。またもともと血管が硬くなっている場合は、力が強いと血管が破けてしまいます。通常持続して血管が耐えられる血圧は140未満です。

◆高血圧と他の病気の関係
脳卒中
(脳梗塞・脳出血)
高血圧があると正常の方の約13倍のリスクとなります。脳卒中は命が助かっても、麻痺(まひ)や言語障害などが残りやすく、長期のリハビリが必要となることもあります。
心筋梗塞 高血圧があると正常の方の約2.4倍のリスクとなります。特に男性の場合に影響が大きいといわれています。
慢性腎臓病 高血圧があると正常の方の約2倍のリスクとなります。腎臓が悪くなると尿中への塩の排泄も悪くなり悪循環をきたします。透析が必要となる方も少なくありません。

各種血圧との関係性

◆動脈硬化のある血管

最高血圧が高く、最小血圧が低い場合、血管の壁の弾力がそこなわれている可能性があるので要注意です。血管が硬く、脆くなっているかもしれません。

◆塩

塩分の取り過ぎは、血管の中の水の量を増やし常に血管の中の圧力を上げてしまいます。

◆ストレス(タバコ)

血管の壁を縮めてしまうストレス(タバコ等)は、血管の壁をひろがりにくくしてしまうため瞬間的な血圧上昇を招きます。

高血圧の食事療法

日々の生活の中では、塩分に気を付けましょう。
麺類や漬物は好きですか?塩は身体に水を引きつけます。血管の中の水の量が増えると、血管の中がパンパンになって、血管を叩く力が強くなり、血圧が上がります。ですので、まずは塩分を控えることを心がけてください。

アクセス

医院名 ファミリークリニックしいなまち
診療科目 内科・小児科・糖尿病内科
所在地 〒171-0052
東京都豊島区南長崎1丁目25-26ファーマシティⅡ2F
電話番号 03-6908-2234
診療時間 日/祝
AM9:00~PM1:00
PM3:00~PM4:00
(予防接種・乳児健診)
予約制
PM4:00~PM7:00

※受付終了は診察終了の15分前となります。

医師の都合により診療時間が変更となることがあります。
来院の際は『今月の診療時間の変更』をご確認ください。
PM3:00~PM4:00は乳児健診・予防接種・各種検査[予約制]
※予防接種をPM3:00~PM4:00以外のお時間にてご希望の方は、ご遠慮なくご相談ください。
※予防接種後は、必ず30分間院内で経過観察させていただきますのでお時間に余裕を持ってご来院ください。